総統閣下はアナスタシアの誕生日をお祝いしようとしました。